1. これさえ抑えておけば問題無し!絶対に必要なマーケティングに関する3つの準備

これさえ抑えておけば問題無し!絶対に必要なマーケティングに関する3つの準備

by Grand Parc - Bordeaux, France
 ビジネスにおいてマーケティングは非常に重要な役割を担います。マーケティングによってビジネスの成果がきまるといっても過言ではないほど重要なものですが、マーケティングの効果を最大限にまで高めるためには、しっかりとした事前準備が必要です。

 事前準備が無ければマーケティングの効果が正しく発揮されないというだけではなく、誤った認識によるマーケティングで損失を発生させてしまう可能性があります。今回は、マーケティングをするにあたって必要な3つの事前準備について紹介します。

1.条件の確認

 マーケティングに当たってやっておかなければいけない準備の一つが、条件の確認です。条件の確認とは関連する法律やルール、規制などを確認する作業であり、この準備をしっかり行っておかないと実際のマーケティングを開始後に思わぬトラブルが発生してしまう恐れがあります。

 マーケティングに関わる条件はその時々で大きく違います。条例や規制にはローカルなものも多いですし、マーケットの常識や暗黙の了解といったようなこともマーケティングには密接にかかわってきます。与えられた条件の中で最大の効果を上げることができなければ、マーケティングの成功とは呼べません。関わる条件を正確に把握し、その中で最大限の努力ができるように準備を整えておくことが求められます。

2.不安要素の洗い出し

 マーケティングが常にうまくいくとは限りません。突発的な事態や予想外の事故によりマーケティングが失敗してしまうのは珍しいことではありませんし、マーケティング自体が中止に追い込まれることもあります。事前準備として不確定要素や不安用をを洗い出しておくことで対策を考慮することが可能になり、不安要素に耐えうるマーケティング戦略を策定することができるようになります。

 例えば、屋外のイベントをマーケティングとして計画する場合、雨が降るという不安要素を考慮に入れておかなければ、雨が降っただけでマーケティングは台無しになってしまいます。予想されるあらゆる事態と要素を考慮し、事前準備として不安要素を洗い出しておくことが、マーケティングをより確かなものにします。

3.ゴールの確認

 マーケティングのゴールがどこなのかを設定しなければ、効果を最大限にするための計画は作成できません。そのマーケティングが何を目指すものでどのような状態になれば終了なのか、というゴールを事前に決めておくことで最適なリソース配分が可能になり、効果的な手法でゴールへと到達することが可能になります。

 企業にとってのゴールは経常利益かもしれませんが、個々のマーケティングでは必ずしも金銭的な利益がゴールとは限りません。正しいゴールを知ることが、マーケティングを成功へと導くカギになります。


 必要な事前準備をしっかりとしておけば、マーケティングは正しく機能し、期待通りの効果を発揮します。実際の作業だけではなく、事前準備の段階からマーケティングはすでに始まっています。以上の3点をしっかりと準備をして、マーケティングを最大限に活用してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する