1. 仕事をやめる時に絶対知っておきたい!人間関係を悪化させず円満に退職する方法

仕事をやめる時に絶対知っておきたい!人間関係を悪化させず円満に退職する方法

by Takashi(aes256)
 様々な都合で仕事を辞めなくてはならない場合、職場の人たちや会社とギクシャクせずに円満退社をしたいものですね。仕事を辞めたあとでも何らかのつながりで顔を合わせる機会がないとも限りませんし、どうせ辞めるのだからと人間関係を悪くしたままで職場を去っても、どこで人間がつながっているかはわかりません。人間関係を悪化させずに円満に退職するにはどうしたらいいのでしょうか。

円満に退職するための辞める理由を考える

 会社を辞めなければならない理由は人それぞれあると思います。ですが、人間関係や社風、給与面などに不満があって退職を決めたにしても、「どうせ辞めるから」と本当のことを上司や経営者に伝えてしまうのは職場の人たちにとってはダメ出しも同然で、残る人たちの気分もよくありません。結果として人間関係に波風を立ててしまうので、円満に退職ができなくなります。

 退職理由に「家庭の事情」を挙げる人が多いのは、プライベートなことなので上司や経営者が踏み込みにくく、引き留めることが非常に難しい理由であるためなのです。ですので、職場に退職の理由があっても、退職理由には正直に書かないほうがいいでしょう。

退職までの段取りをしっかり組む

 人間関係を悪化させず円満に退職するためには、退職までの段取りも大切です。もう辞めて関係なくなるのだからと仕事を放りだしたり引き継ぎもなく突然職場を去ってしまうようなことをすると、残る人たちに負担がかかりますし仕事にも混乱が生じてしまいます。当然、職場の人たちからの印象も悪くなります。

 そうならないためにも、退職を決めたら早めに上司に伝え、退職日を決める必要があります。法律では2週間前までに通知すればいいことになっていますが、会社の就労規則に退職についての規定がある場合はそれにのっとって行動しましょう。仕事の進み具合や給料の締日の兼ね合いもありますが、あまりに急だと自分が担当している仕事の引き継ぎ準備や取引先への挨拶など、退職日までにやることが終えられないので退職日までには少し余裕を持たせておいたほうがいいでしょう。

 もちろん、後任への引き継ぎや挨拶回りなども抜かりなく行う必要があるので、退職の手続きと並行してこれらの段取りも組んでおくことが大切です。職場に残る人たちに気持ちよく自分の仕事を引き継いでもらうことも、人間関係を円満に保ったまま退職するには重要なことです。


 ここまで人間関係を円満に退職する方法をみてきましたが、一番大切なことは最後まで礼を尽くすことです。そうすれば、退職後もずっと円満で素晴らしい関係を築いていけるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する