1. 視線を上手く交わすには?人間関係が苦手な人が緊張せずに仕事をこなすコツ

視線を上手く交わすには?人間関係が苦手な人が緊張せずに仕事をこなすコツ

by Broo_am (Andy B)
 会社では人間関係が大切です。しかし、人と話すのが苦手な人は緊張してしまってなかなかうまく仕事が進められないかもしれません。仕事の人間関係で緊張をさける方法を紹介します。

話すときは眉やほほを見る

 人の目を見て話しなさいと言われますが、対人関係が苦手な人はどうも人の目を直視すると緊張をしてしまうことが多いようです。また視線を受けながら話さなくてはいけないという事にプレッシャーを感じる人も多いです。

 そんな人は、眉間頬のあたりを見るようにすると緊張しにくくなります。ここぞという時だけ視線を合わすように工夫しましょう。

机に座るときには、斜め前や横に座る

 話し合いなどでテーブルに座るときは、目の前ではなく斜め前に座ると良いでしょう。目の前だと相手の視線をそのまま受けることになるし、敵対するような位置になってしまい心理的距離が遠くなることもあります。より身近に感じてもらうには斜め前や横に座るのがベストです。


 いかがでしょうか。仕事の人間関係で緊張しないための方法はいろいろあります。特に視線は慣れない人にとっては緊張のタネです。以上の方法で上手く視線を交わしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する