1. 仕事が覚えられない部下と良い人間関係を築くために心がけておくべきこと

仕事が覚えられない部下と良い人間関係を築くために心がけておくべきこと

by Rodrigo_Soldon
 仕事がなかなか覚えられない部下に対して、イライラしてしまったことはありませんか。そんな部下と良い人間関係を築くためには工夫が必要になります。ここでは、仕事が覚えられない部下と良い人間関係を築くために心がけておくべきことについて述べていきます。

教える側にも原因がないか考える

 「せっかく時間を割いて教えてあげているのになぜ覚えられないんだ」と思ってしまうこともあるでしょう。しかし、初めてその仕事を行う人にとっては分からないことだらけなのです。教えている本人は分かっているという前提で進めていても、教えられている人には分からないことが絶対にあります。

 教えているときには、何が分からないのかがわかっていません。部下に教えた後には必ずわからない所はないかと質問したり、一度教えたことを再度復唱しましょう。

仕事を覚えられないのは人間性とは関係ないと知る

 仕事を覚えられないのは、ただ単に覚え方を知らなかったり慣れていないということが原因であることが多くあります。仕事を覚えられないからといって、「覚える気がないのだ」と思ったりしないようにしましょう。

 覚えるということには個人差が大きくあります。単に人間性を否定するのではなく、どうすれば覚えやすくなるのか、その個人に寄り添った教え方を研究しましょう。

相手の立場になる

 なぜ仕事を覚えてくれないのだと躍起になる前に、まずはその部下の立場になって考えてみましょう。慣れない仕事ばかりで多くの人から多くの指示を受けて、頭がいっぱいになってしまっているかもしれません。

 部下の立場に立ってみて、何か自分が助けになれることがあれば手を差し伸べましょう。誰しも初めてのことには戸惑い、上手く行えないものです。自分が部下であった時はどうであったかを思い返してみることも良いでしょう。


 仕事を覚えられない部下がいた場合には、上記のことを念頭において指導をしてみてください。そうすることで良好な人間関係を築くことができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する