1. 大事なのは具体性!良い案が返ってくるコンペの仕様書に大切なこと

大事なのは具体性!良い案が返ってくるコンペの仕様書に大切なこと

by alandot
 コンペにおける仕様書とは、受注する相手に何を希望しているのかを伝える文書の事を言います。では、仕様書を書くときにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

具体性が大事

 コンペの仕様書で大切なのは要望を明確にすることです。あいまいな条件の仕様書では受注する相手がどのようなデザインの物を提供すべきものなのか、迷ってしまいます。そうすると、質問の対応に時間を取られたり、そもそも要望に沿った案が集まらないこともあります。

自由に考える点とそうでない部分をハッキリさせる

 では、具体的な要望とはどのようなものでしょうか。まず大切なのは、コンペの目的です。会社についての説明やコンペを行うことになった経緯も書くとよいでしょう。また、使える資料などの制約やデータ容量などの条件、ファイル形式などがあればきちんと指定してください。また、デザインの場合は著作権の取り扱いについても言及が必要です。

 提示するイメージは、具体的にすればするほど要望に沿ったものが手に入りやすいですが、逆にクリエイターの個性の幅が狭まってしまうというデメリットもあります。何を具体的にし、どの部分をクリエイターの力量に任せるのかという部分をはっきりさせましょう。


 いかがでしょうか。以上がコンペの仕様書に大切な点です。書き終わったら一度他の人にも見直してもらい、条件に漏れがないか確認するとよいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する