1. 【疲労の種類によって対処方が違う!?】「仕事の疲れ」原因と対処法2選

【疲労の種類によって対処方が違う!?】「仕事の疲れ」原因と対処法2選

by We Make Noise!
 仕事をしていると、色々な原因によって自身の体に疲れがたまってしまって仕事が捗らなくなってしまうことがあると思います。何とかして、日々の仕事の疲れを癒し、仕事に影響が出ないように快適にやっていきたいものです。

 そこで、今回は仕事の疲れがたまらないように対策を練るため、よくある仕事の疲れの原因とその対処法についてみていきます。

1.休みなしに仕事をこなしているなどによる肉体的な疲労

 よくある仕事の疲れの原因として挙げられるのは、仕事を長時間行うことによっておこる疲労の蓄積です。残業や忙しい時期、大きな疲労が伴われやすい仕事をしていると、休む時間も少なくなり体に疲労が蓄積してしまって、仕事への集中力や体力が減ってしまい、最終的に仕事にも悪影響が出ます。

 この対処法としては、残業など労働時間を減らして、疲れが溜まりにくいようにするのが一番なのですが、それがやりにくい時にはできる限り休めるときに休んでおくことや、一定の時間働いたらこまめな休憩を取るなど、なるべく疲れがたまらないように仕事をすると、仕事の集中力もある程度持続できるようになります。

 また、体の疲れを取る栄養を積極的にとることや、マッサージなど疲れが取りやすくなるようなこともしてみるといいかと思います。中々、休める時間が取れなかったりするときには、出来る限り疲れのたまらないような働き方や休み方を心がけるといいでしょう。

2.仕事のプレッシャーなどによる精神的な疲労

 次に、仕事で疲労をため込むもう一つの原因としては、精神的なストレスによる疲労があります。長時間の労働時間によるものもあれば、大きな仕事を任されてそのプレッシャーから疲れがたまってしまったり、上司からの精神的な圧力や個人のまじめな性格により仕事に対してのストレスをため込みやすいなど、様々な原因があります。

 仕事の疲れに比べると、精神的な疲れはとりにくく、肉体的なものよりも自覚が少ない時もあるので厄介です。

 この対処法としては、考え方を少し変えてあまり自分を追い込まないような仕事の働き方をすることが第一です。あまりに追い込みすぎて精神的に突然崩れないように、仕事については適度な行動と思考で止めておくことが必要です。

 上司や周りのかたも、そのあたりに理解を示すことが必要です。プレッシャーの大きな仕事などは一人に任せず、周りができる限りのサポートをするのがいいのでしょう。また、アロマなどストレスを解消できるものを利用することも精神的ストレスには有効です。


 以上のように様々な疲れる原因がありますが、疲れをため込まないように、色々な工夫をしていき、毎日肉体的にも精神的にも元気に働けるように頑張りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する