1. 仕事の成果を高める細かなテクニック!「タイムマネジメント」の意識を強くする3つの方法

仕事の成果を高める細かなテクニック!「タイムマネジメント」の意識を強くする3つの方法

by Fr Antunes
 一流のビジネスマンになるために必要不可欠なのが、タイムマネジメントに対する意識です。タイムマネジメントとは仕事に対する時間管理のことであり、単位時間当たりの作業効率を考えながら改善を進める重要な役割を持ちます。

 タイムマネジメントの意識を高めるためにはどのような取り組みをすればいいのでしょうか。今回は、タイムマネジメントの意識を高める方法を紹介します。

1. 限られた時間を有効活用する

 タイムマネジメントの基本は、限られた時間を最大限使えるように努力すること。何かの仕事を始めるときは「仕事を完成させるまで続ける」という意識ではなく「あらかじめ設定した期限内で終わらせる」という意識を持つことが、タイムマネジメントの意識を高めることに繋がります。

 もちろん請け負った仕事を完成させなければいけないのは当たり前ですが、重要なのは取り組み方です。あらかじめ仕事に割り当てる時間を設定し完成期限を設けておけば、作業時間を無駄にしないために効率よく働くという意識が生まれ、限られた時間を有効活用することができます。

 「仕事が終わるまでは家に帰らない」というような意識では質の高い仕事はできません。「買えるまでに終わらせる」という意識の方が前向きな気持ちで仕事に取り組めるようになり、時間的にも質的にも優れた仕事ができるでしょう。

2. 集中力が続く間だけ仕事をする

 人間の集中力というものは限られた時間しか続きません。仕事に熱心なのはいいことですが、自分の集中力が途切れてきていることを無視しながら仕事を続けてもいい成果を上げることはできません。集中力が切れた状態で仕事を続けていると、仕事の質が落ちでしまうだけではなく、重大なミスを引き起こす可能性が高まります。

 重大なミスほど単純な原因でおこるものであり、その多くは集中力の欠如が招いているのです。それまでどんなに質の高い仕事をしていても、途中で重大なミスを招いてしまっては意味がありません。自分の集中力の限界を知り、集中力が続く間に仕事をすることがタイムマネジメントに欠かせないでしょう。

3. 優先順位を意識する

 仕事をたくさん抱えているときは、仕事ごとの優先順位を意識することが大切です。どうでもいい仕事にばかり時間を割いて重要な仕事をないがしろにしてしまっては、効率よく働くことなどできません。その仕事にどんな意味がありどのような成果が期待できるのかを考えることが、タイムマネジメントの基本になります。

 仕事の重要性を考慮しながら優先順位を意識することで、限られた時間の中で最大の成果を上げることができるでしょう。


 タイムマネジメントの意識を高める事で労働生産性は改善され、短時間で効率よく仕事がこなせるようになります。限られた資源である時間を有効活用するためにも、タイムマネジメントの意識を高める努力が必要になるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する