1. 海外の偉人から学ぶ!仕事で前向きになれる名言3選

海外の偉人から学ぶ!仕事で前向きになれる名言3選

by dice-kt
 今回は、仕事で前向きな気持ちになれる名言を集めてみました。気の緩んでしまっている字画のある人やもう一度気持ちを入れなおしたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

アルベルト・アインシュタイ

「昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう」

 こちらは特殊相対性理論、相対性宇宙論などで20世紀最大の物理学者・現代物理学の父とも呼ばれることで有名なアルベルト・アインシュタインの名言です。

 たとえ仕事で何か大失敗をしてしまったとしても、それから何かを学ぶことが出来ればその失敗さえもが価値のあるものとなってきます。いつまでもくよくよせずに、その失敗から何を得て、今日に生かすことができるか。そして今日は今日を精いっぱい生きましょう。そして明日は良い日であると期待することが出来れば未来は明るいものとなるでしょう。

エルバート・ハバード

「人生における最大の失敗は、失敗を恐れ続けることである。」

 こちらは教育家であるエルバート・ハバードの名言です。失敗はあって当たり前、仕事をするにしてもそうでしょう。最初から完璧を目指すのではなく、そこから何を学べるかが重要となってくるでしょう。

 失敗を恐れ続け、マイナス思考で仕事をしていても良い仕事ができません。その思考自体が失敗なのだと気づかせてくれる名言ですね。

デール・カーネギー

「人生とは今日一日のことである」

 人生とは今日一日一日の積み重ねでできています。今日一日を失敗したことを悔やんでうつむいて生きてしまったのなら、大切な人生の一ページが台無しになってしまいます。

 やはり「今日」という日を一生懸命生きることが大切なのだということをこの格言でも教えてくれます。失敗を悔やみ続ける一日よりも、それからどうしたらこれから良くなっていくかを学び、その次の日に生かせるような一日を選んだ方が良いと思いませんか。そうすることによってマイナス思考の悪循環を断ち切って、前向きになることができるでしょう。

 いかがでしょうか。たった数行の言葉でも、心に響くものがあったら幸いです。後ろ向きになってしまった時にはこのような言葉の力を借りて、前向きになれるように工夫してみるのも良いですね。失敗は誰でもしたくないものです。しかし失敗は誰にでもあるという事も心に留めて、前向きに頑張っていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する