1. 原因別に探る!仕事をつまらないと思った時にスグ実践できる解決方法

原因別に探る!仕事をつまらないと思った時にスグ実践できる解決方法

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 仕事がつまらないと感じてしまうことはないでしょうか。人生の多くを費やす仕事です。出来ることなら楽しく仕事を行いたいですよね。ここでは、どのように仕事をつまらないと思ってしまう原因別にその解決法を述べていきます。

以前の状況を思い出してみる

 まずは、もともとつまらないと思っていたのか、あるいはそうではないのかを明らかにする必要があります。以前の状況を思い出してみましょう。

 その結果以前は楽しく思えていたのなら、仕事にやりがいを感じていたのでしょう。もしそうであれば、その当時の事を振り返ってみるのもオススメです。その時の状況や気持ちを思い返してみて、今と何が違うのかを考えてみると良いでしょう。その違いのなかに、原因を見つけ出すことができます。

もともとつまらないと感じていた場合

 以前の状況を考えて、今の仕事に配属されてからずっとつまらないと思っていたのなら、別のアプローチが必要になります。そこで考える必要があるのは、まずその仕事自体に魅力を見出すことができないのか、あるいは結果に満足感を得ることができないのか、それとも自分自身に成長を感じられないためなのかということです。

 つまり、仕事をする過程に原因があるのかその結果にあるのかという二つに分けることができます。漠然とつまらないとおもったままにせずに、自分を見直してみましょう。

仕事自体に魅力を感じることができない場合

 もし仕事自体に魅力を感じることが出来ない場合ばどうしたら良いのでしょうか。どうしても仕事自体が自分に合わないなどと思えるようなら、周りに目を向けてみましょう。同じような仕事をしているメンバーの働きぶりを観察してみてください。中には楽しそうに取り組んでいる人がいます。そういった人を観察することによって、自分には何が足りないのかといった原因が見えてきます。

仕事の結果に満足感を得られない場合

 たとえば仕事を終えた後に満足感が無いとか、あるいは自分の成長を感じられないなどといったところに原因がありそうだとなれば、それは何故かを考える必要があります。満足感を得られないと思うところで原因がわかったとは思わずにさらに深く、その理由を追求しましょう。

 原因と思えることが見つかったとして、その対処方法がわからない時には、まだそれは原因の本質ではないと考える必要があります。さらにもうひとつ深く掘り下げて考えてみましょう。


 以上のことを参考に、仕事がつまらないと思って人はその原因を見つけ、快適に仕事を行えるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する