1. まずは全体像の把握から!やり方が分からない仕事を任された時の進め方

まずは全体像の把握から!やり方が分からない仕事を任された時の進め方

by kevin dooley
 今までやったことのない仕事を任されたときは気が重く感じるものです。しかしやり方が分からないと言ってため息をついてばかりでもいけません。初めての仕事にはどのように対処すれば良いのでしょうか。

仕事の流れとポイント理解する

 まず、自分で受け持った仕事の全体像を理解しましょう。それぞれの手順を考えて整理する上で何が必要なのかが見えてくるはずです。そのうえで、この仕事で力を入れるべきはどこなのか、仕事のポイントを考えます。力をかける箇所が分かればかなり効率よく仕事を進めることができます。

スケジュール設定

 やるべきことが分かったら、仕事をいくつかの段階に分けてそれぞれの締め切りを設定します。もちろん、初めての仕事なので正確なスケジューリングは難しいでしょう。その場合は、不測の事態に備えて少し早目に締め切りを設定しましょう。

自分だけではできないことを確認する

 実際に仕事をする上で、自分で書き出した仕事のポイントが、スケジュール内で自分だけで対処できるか判断します。メンバーとの分担や外部発注など、仕事の振り分けを考えて交渉します。ここまで出来れば一応仕事への準備はばっちりです。実際の作業に取り掛かりましょう。


 初めての仕事でも変に構える必要はありません。全体の流れを考えてから仕事に取り掛かれば難なく進められることも多いはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する