1. アイディアを生み出す!ブレインストーミングをすることの意味とメリット

アイディアを生み出す!ブレインストーミングをすることの意味とメリット

by crsan
 会社で様々な問題が起こった時、早急に解決策を考える必要があります。あれも駄目だこれも駄目だと色々と試行錯誤をしますが、あまりにも深く考えすぎて、アイデアが一つもでない場合もあります。

 このように、アイデアがなかなか思ったように出てこない場合に役立つのが、ブレインストーミングです。ブレインストーミングとは、クリエイティブな問題解決のアイデアを生み出すための一つのプロセスです。今回は、アイデア出しに行き詰まった時に役立つブレインストーミングの持つ意味を考えてみましょう。

とにかくたくさんのアイディアが生まれる

 ブレインストーミングの過程で、一人一人のアイデアを批判しないのが基本的なルールですが、そこにはどういった意味があるのでしょう。

 そこには、ブレインストーミングのセッション中に発言する人が「こんなことをみんなの前で言ったら笑われるかも」「このアイデアを言っても反対されるだけだから、言わないほうがいい」といった、自由なアイデアの流出を妨げる恐怖心を参加者から取り除く意味があります。

 自分のアイデアが批判されないと分かれば、参加者はもっとリラックスして普段より冒険的なアイデアや独特なアイデアをグループで共有しやすくなります。

いろいろな角度からの解決策が見えてくる

 ブレインストーミングの基本ルールでは、変わったアイデアをどんどん取り入れるというものがあります。このルールは、問題を新しい観点から考え直し、より良い解決策を生み出すようにしようという意味があります。アイデアが思いつかないと言っても、新しい視点で問題解決を考えれば何かアイデア出てくるはずです。

 ブレインストーミングで重要視されているのは、どれくらいたくさんの数のアイデアがブレインストーミングのセッション中に出てくるかということです。これはどういう意味かと言うと、アイデアの数が多ければ多いほど、従来の型にはまったアイデアばかりでなく、急進的で効果的な問題解決のアイデアが出てくるはずだと考えれれるからです。

 参加者一人一人が、多少荒削りのアイデアでも、全員でそのアイデアを発達させれば思いがけないほどクリエイティブな問題解決に繫がる素晴らしいアイデアになるのではないかというのを心に留めれば、アイデア出しの行き詰まりがなくなるでしょう。
 
 ブレインストーミングの最後の段階で全員のアイデアを組み合わせ、そのアイデアをより良いものにするために発達させます。アイデア出しはその最終的なアイデアを導くための途中の段階なので、結論のことは深く考えずにアイデアをたくさん提供することがとても大事です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する