1. 仕事が楽しくなる!つまらないという思考からモチベーションを高めるためのポイント

仕事が楽しくなる!つまらないという思考からモチベーションを高めるためのポイント

by cod_gabriel
 働いていて、「仕事がつまらない」「今の仕事をずっと続けていく自信がない」などと落ち込むことはありませんか。このように、仕事に対してのモチベーションが下がってしまうとやらねばいけないことに対して意欲を無くしてしまいますし、体力・気力ともに疲れてきます。

 しかし、自分の考え方を前向きに変えることで仕事がずっと楽しくなることもあります。今回は、仕事がつまらないと思うことで下がってしまったモチベーションを上げるにはどうすればよいかを考えたい思います。

余裕を持って仕事にとりかかる

 仕事をしていてただひたすら仕事をこなしているように感じてしまうと、どうしてもモチベーションは下がってしまいます。さらに、仕事の予定が詰まってくると、ただこなすことで精一杯になりがちで、やりがいなどは感じられなくなりつまらなくなってきます。また、時間が足りないと休憩や睡眠時間を削ることになり、体力も低下していきます。

 このような状況に陥る前に、仕事の予定が詰まっていない段階から早めに仕事へ取り掛かる習慣をつけるようにしましょう。もしも突然の仕事が舞い込んできたときは、今抱えている仕事とどちらから先に取り組めばよいのか優先順位をつけて対応するなど、段取り良くすることが大切です。そうすることで、ストレスを感じずに仕事をすることができ、モチベーションを維持することが出来ます。

仕事をやり遂げた自分を想像する

 その仕事を達成した瞬間をイメージし、モチベーションを上げるという方法もあります。長い時間仕事をして疲れたというときは、是非深呼吸しながら目をつぶり、自分が仕事を終えてうれしそうにしている様子を思い浮かべてください。たった数分の休憩でも充分に効果が期待できます。

 また、長期的なビジョンを思い浮かべるのもよいでしょう。モチベーションが上がりそうなことを想像してみてください。そうすることで、仕事がつまらないと思っていたことが嘘のように楽しくなるでしょう。

直近の目標を設定する

 今すぐに、モチベーションを回復させたいという場合には、長期的な目標では無く、今すぐに実現できる目標を立てるのもよいでしょう。具体的な課題を下げて、自分のモチベーションを上げていく方法です。達成した喜びを想像しただけで、頑張ろうという気持ちになるものです。

 しかし、このテンションのあげ方で注意しなければいけないのは、だんだんとマンネリ化してしまい効果がなくなってしまうことです。ランチでおいしいものを食べても、夜飲みに行くという目標を立てても、もしもそれが日常化してしまえばあまり魅力を感じない、つまらないものになってしまう可能性があります。この方法は即効性がありますので、いざという時のモチベーションを上げる方法として「最後の切り札」ぐらいに考えておいたほうがよいかもしれません。

 いかがでしたでしょうか?モチベーションとは、私達を「行動」に導くエネルギーです。このエネルギーが下がってくると、やる気がなくなったり体が疲れてきたりなど、すべてに悪影響を及ぼしかねません。そのため、仕事をしていて疲れたと思ったら、まず休憩を取るように心がけましょう。そして楽しいことを考えて、モチベーションを上げる努力が必要です。仕事がつまらないと思ったら、退社や転職を考える前にまずは意識して自分のモチベーションを高めるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する