1. リフレッシュする時間を作って集中継続!午後に仕事の疲れを感じないための対策方法

リフレッシュする時間を作って集中継続!午後に仕事の疲れを感じないための対策方法

 仕事をしていく中で、午後の時間帯に眠気や疲れを感じ、効率が落ちてしまうという悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。しっかりと対策を講じることで、能率を下げずに午後も仕事ができるでしょう。ここでは、午後に仕事の疲れを感じないための対策方法を紹介します。

お昼休憩の時間に短い睡眠を取る

 疲れを取るためには睡眠が効果的です。お昼休みなどを利用し、15分程度の短い睡眠を取りましょう。短い睡眠を取ることで、午前中の仕事による疲れや、睡眠不足が解消され、午後も集中して仕事をすることができるのではないでしょうか。

おやつタイムを作る

 午後に疲れを感じてしまうのは、午前中に比べて、午後の方が仕事をする時間が長いことが原因と言えます。休憩の時間を15時ぐらいに設けるという意味で、おやつタイムを作るといいのではないでしょうか。糖分を補給することで、脳がリフレッシュされる効果もあります。


 ここでは、午後に仕事の疲れを感じないための対策方法を紹介しました。午後に仕事の疲れを感じないためには、リフレッシュする時間を設ける必要があるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する