1. オフィスから出てみよう!仕事での疲れを解消できる気分転換の方法

オフィスから出てみよう!仕事での疲れを解消できる気分転換の方法

by BONGURI
 朝から晩まで一日中仕事を行っているとどうしても疲れが溜まってきますよね。疲れが溜まって思わぬミスをしてしまうということは良くあることです。ここでは、仕事での疲れを解消する気分転換の方法について述べていきます。

一度席を離れる

 仕事がデスクワークで一日中座りっぱなしというビジネスマンは多くいるでしょう。そこで、疲れが溜まってきたと感じる前に一度席を離れてみましょう。気分転換にお手洗いに行ったり、少し歩いたりストレッチをしてみてください。筋肉がほぐれたり血流が良くなります。

 少し席を離れたら、再度仕事に取りかかりましょう。こまめに席を離れて気分転換をするのがオススメです。

一人の仕事と人との仕事を交互に行う

 一日中会話することなく黙って作業をすることはストレスが溜まり、疲れの原因となります。ミーティングや外回りなどの仕事と一人で行う仕事を交互に行ってみましょう。その際に時間を設定するとより効果的です。時間が設定されることでダラダラ仕事を行うことを防ぎ、メリハリのついた仕事が出来ます。

 二種類の仕事を交互に行うことで単調な流れを打破でき、人と会話することで気分転換にもつながります。仕事そのものを気分転換の材料にしてしまいましょう。

昼休みは外に出る

 職場の環境にもよりますが、気持ちを変えるには居場所を変えるのが一番効果的です。社内で昼食を取る必要があったとしても、5分でも10分でも社外の空気を吸うことで気分転換ができます。

 近くのコンビニに足を運んだり、外でランチをしましょう。外の新鮮な空気を吸うことで気分がリフレッシュできます。


 以上のことを参考に仕事の疲れを癒してより効率的な仕事を行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する