1. 仕事で付き合う人と良い人間関係を保つための2つのポイント

仕事で付き合う人と良い人間関係を保つための2つのポイント

by Mo Kaiwen 莫楷文
 会社組織の中でよく頭を抱えるのが、仕事上で付き合う人達との人間関係です。誰しもが良い人間関係を構築したいと願ってはいるものの、現実問題として良い人間関係を構築できる人は、あまり多くないのではないでしょうか。

 それでは、仕事上で付き合う人と良い人間関係を構築するために必要なこととは、どんなことでしょうか。ここでは3点挙げたいと思います。

相手に興味を持つこと

 まずはなんと言っても、相手に興味を持つことから始まります。相手自身に興味を持ち、相手の話すことに興味を持つことによって、相手に受け入れられる必要があります。

 どうやって興味を持てばよいのか分からないと言う人もいるかもしれません。しかし、自分が持っていないものを相手が持っていることはざらにあります。そういった点に焦点を当てて相手に興味を持てば、無理する必要もないですし、相手にとってもわざとらしく見えなくて良いでしょう。そして、ごく自然に相手に自分の興味を示せるのです。

相手に無い自分の持っている強みをアピールする

 相手に興味を示すことができ幾分か受け入れられたら、さらに良い人間関係を構築するために、相手に無い自分が持っている強みをアピールすると良いでしょう。

 上記の逆になりますが、それにより今度は相手が自分に興味を持ってくれるようになり、それによって、互いに興味を持って受け入れられる人間関係が構築できるようになれます。そして、ここまで来ればある程度の信頼関係の土台が出来上がっていますので、それをさらに堅固なものにすることが簡単になってきます。

頻繁なコミュニケーション

 上記の2点を通して双方向で良い人間関係の土台ができてきたら、それをさらに堅固なものにするためにコミュニケーションを頻繁に取ることが効果的です。ただ会話をするだけでなく一緒に飲みに行ったり、食事に行ったりすることを繰り返すことによってもさらに改善していくことが出来ます。

 心理学に単純接触効果と呼ばれるものがあります。それは、繰り返し接することによって感度や印象が良くなるという効果です。まさにコミュニケーションを頻繁にとることによって、この効果が発揮されるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する