1. 要注意!仕事上の人間関係でよく起こってしまう失敗例

要注意!仕事上の人間関係でよく起こってしまう失敗例

by Mo Kaiwen 莫楷文
 仕事をしているうえで、人間関係の難しさにぶつかることは避けられないことであり、何らかの付き合いは常に発生しうるものです。しかし、できれば人間関係は良好にしたいものです。そこで、今回は仕事をしていてよく起こりがちな人間関係に関する失敗についてお話ししたいと思います。

他人の信念などがぶつかり合うとき

 仕事をしていてよく起こりがちな人間関係に関する失敗として、第一に挙げられるのは、他人と考えや信念がぶつかった時です。人間にはそれぞれ違った考えがあることは当然ですが、ちょっとした仕事上やプライベートなことで考え方の違いによっていざこざがおこったりすると、それが互いに対立を生むことになってしまい人間関係が悪化する恐れがあります。

 特に上司が一方的に部下を否定したりすれば、部下は大きな不信感を抱くことになって仕事上の関係にも影響が出てきてしまいます。他人の考えを理解しなかったり、受け入れられなかったりするとストレスになり、それが表に現れたときに人間関係が悪化する原因となるのです。

ハラスメント関連

 次に挙げられるのは、ハラスメントに関わる失敗です。近年では、セクシャルハラスメント・パワーハラスメント・アルコールハラスメントなどいうことばが多く言われるようになりました。

 こういったことに該当するようなことを行ってしまうと、やられた側にとっては非常に不快感を感じます。場合によっては、こういったことによって精神的に病んでしまったりするようなケースもあるので、そこまで大きな問題に発展してしまうと人間関係の失敗だけでは済まされなくなってしまいます。

 仕事ではストレスをため込んだりイライラしてしまうことがあって、他人にぶつけてしまったりすることもありますが、そのような行為はは大きな人間関係のトラブルになってしまいますので、注意しないといけません。普段の行動や発言には十分注意しておいてください。

派閥などのぶつかり合いがあるとき

 さらに、派閥同士での対立が起こる時には人間関係は大きく崩れてしまいがちです。仕事関係で派閥があったりすると、やり方が違っていたり、どの派閥の人間に属しているかによって扱いが変わってきたりと面倒なことが起こってしまいます。

 特に派閥同士が対立しているときにはこの傾向は非常に厄介で、派閥同士での対立でいざこざが起こるなど、人間関係のトラブルだけでなく組織全体として運営能力が落ちてしまうことになります。

 派閥の存在自体が必ずしも悪いわけではありませんし、人が集まっている以上どうしてもその中でも集団ができてしまうのは仕方のないことです。しかし、できる限り派閥については組織内で作られないようすると人間関係のトラブルの防止になります。人間関係に関する問題は複雑ですが、できるだけ仕事に支障の出ないように組織内の人と関わっていくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する