1. 自分の望む条件下で働こう!転職先に希望の年収を伝える方法

自分の望む条件下で働こう!転職先に希望の年収を伝える方法

by naitokz
 転職をしようと決心する理由の一つに給料に満足がいかなかったという理由もあるでしょう。それを解決するために転職したはずの転職先で、その前の会社より年収が少なかったなんて状況になってしまってはどうしようもありません。ここでは、転職先に自分の希望する年収を伝える方法について述べていきます。

正直に転職した理由を言う

 まず始めに有効なのが、正直に年収が低いために転職したと転職先に伝える方法です。転職した理由を素直に言うことで、企業があなたを雇いたいと思っているならば何としてでも希望する年収を受けたいと思うでしょう。

 さらに、転職を考えたきっかけが人間関係や業務内容に問題があった訳ではないということも表明出来ることになります。その結果、あなたを雇うことの不安要素が消え、なおかつ希望した年収で雇ってくれる可能性が高くなります。

タイミングを図って強気で言う

 なんと言っても希望の年収を提示する上で大切なことは、タイミングとメンタルです。良いタイミングと悪いタイミングを見計らって金額を提示するようにしましょう。

 いくらタイミングが良くても、大変恐縮ですがというように弱気の姿勢で交渉に挑むことは控えましょう。あくまでも主導権はこちらにあるのだというような強気の姿勢で具体的な年収を提示しましょう。そうすることで、企業側もその条件を受けやすくなります。

自分の能力を磨く

 そして最後に、自分の能力を磨くということが重要です。いくら希望する年収があっても、その年収が能力に対応していなかったり、高い年収を与えてまで雇いたくはないと思われてしまえば、その交渉が成功するはずはありません。

 あくまでも給料というのはその人の評価であるということを忘れないでください。希望する年収があれば、それに見合ったスキルを身につけて企業に求められる人材になりましょう。


 上記のことを実践して転職先に希望する年収を伝え、その年収で働けるようになりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する