1. ミスの軽減につながる!具体例から学ぶ報連相の重要性

ミスの軽減につながる!具体例から学ぶ報連相の重要性

by Norio.NAKAYAMA
 ビジネスでは常識の報連相(報告・連絡・相談)というビジネスに欠かすことのできないものがあります。新入社員はどの様に重要であるかが想像しづらいかもしれません。ここでは具体例を交えて報連相の重要性について述べてゆきます。

ミスを軽減できる

 会社の中で報告することは大変重要です。仕事には流れがあり、一つの仕事が滞ってしまうと全てがつまづいてしまうことがあります。

 例えば、締め切り内に終らせることが難しい仕事があるとしましょう。そこでその仕事を終わらせられるかもしれないと考えて、上司に何も報告をしなかったとします。締め切り内で終わらせることが出来れば結果オーライであるかもしれません。しかし、それで締め切り内に仕事を終わらせることが出来なかった場合には大きな被害が出てきます。無理かもしれないと思った時点で上司に報告することで、手伝ってもらえたりそれに関する対応策を考えられたかもしれません。 

 報告をすることであらかじめミスを軽減することもできます。

トラブルを回避できる

 何か困ったことがあればすぐに関連している部署などにも連絡しましょう。時間差で間に合わなかったり、もうちょっとスピーディーに連絡をしていたら大丈夫だったのになんていうこともたまにあります。連絡をしなかったことで状況が把握できずに。会社内だけではなく取引先にも迷惑がかかることもあります。何かあった時には迷っている前に悩んでいる前に関連している人にすぐ連絡を習慣づけましょう。

早めの対処ができる

 何か相談したいことが合った場合はためらわずに、直属の上司や先輩に相談しましょう。まずは何か困ったことがおきてしまった時にはすぐに相談する。

 上司や先輩はそういう目に合っていることもあるはずです。そんな時に今までどうやって対処していたかについて教えてくれます。怒られそうだからとか、忙しいのに悪いななんてためらっているうちにどんどん悪い方へまわってしまって取り返しがつかなくなることもたまにあります。早めの対処は重要です。タイミングを見計らって相談をしましょう。


 上記の様に報連相を行うことは大変重要です。早めの報連相を心がけてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する