1. やりっぱなしでは意味がない!ソーシャルメディアのマーケティングで効果測定を行う必要性

やりっぱなしでは意味がない!ソーシャルメディアのマーケティングで効果測定を行う必要性

by PoYang_博仰
 企業がソーシャルメディアを活用したマーケティングを行う上で最もポピュラーとなっているものに、facebookやtwitter等があります。また他にも、youtubeなどの動画サービスも併用して行っている企業もあり、いまや企業にとってソーシャルメディアの活用はなくてはならないものとなっています。ここでは、ソーシャルメディアマーケティングを行った時の効果測定の方法について述べていきます。

効果測定を行う重要性

 企業がソーシャルメディアマーケティングを行うきっかけとなるのは、「予算をかけずに始める事が出来る」といった手軽さがありました。自社のブランディングを目的とした活用場合、自社サイトへの流入が効果としては一番感じやすいと言われています。

 しかし、そうしたソーシャルメディアでのマーケティングを行った効果の測定を行っている企業は多くありません。とりあえずソーシャルメディアマーケティングは行ったけれど、効果測定をしていないのでは意味がありません。なぜならそれが必要無い場合があったり、より多くの顧客を獲得するために重要なヒントが隠れているからです。そこで、次に効果測定のために有効なツールを紹介します。

効果測定の為のツール

 効果測定の手段は様々ありますが、その1つにBELUGAという効果測定ツールがあります。これは様々な分析機能が備わっており、ソーシャルメディアを管理する際に有効な機能です。「いつ、どの、誰のつぶやきに興味をもっているのか」「こちらの狙いに反応した影響力の強い人は誰なのか」といった事が把握・分析出来ます。

 こうしたツールを活用する事で、自社が行ったソーシャルメディアマーケティングに対し、どれだけの人がどういった人が反応しているのかという効果測定をすることが出来ます。その結果を基に自社の広報活動などの最適化をはかる事がソーシャルメディアを活用したマーケティングを行う上で重要となってきます。


 上記のことを参考にソーシャルメディアマーケティングを行い、効果測定を行ってより良いマーケティングを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する