1. 短くまとめて発言しよう!仕事での成果を報連相によって伝える時に気をつけたいこと

短くまとめて発言しよう!仕事での成果を報連相によって伝える時に気をつけたいこと

 報連相の中では、仕事の成果を上司に伝える必要があるシーンがあります。しっかりと成果を連絡することで、コミュニケーションが成立するのではないでしょうか。ここでは、仕事の成果を報連相によって伝える時に気をつけたいことを紹介していきたいと思います。

数を具体的に示す

 成果を報告するときは、数を具体的に示して報連相を行いましょう。そうすることで、報連相を受けた相手も成果をイメージしやすくなりますし、今後の目標も提示しやすくなるでしょう。

端的に成果と原因を伝えるようにする

 仕事をする時間は限られています。報連相の時間に無駄に時間をかけるのはよくありません。端的に成果となぜそのような成果になったのか原因を伝えることで、時間の短縮に繋がり、上司からの指示も的確に受け取ることができます。


 ここでは、仕事の成果を報連相によって伝えるときに気をつけたいことを紹介しました。端的に物事を伝える中でも、具体性を持たせて報連相を行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する