1. 時間と手間が短縮できる!仕事のマニュアルノートを作成することの有効性

時間と手間が短縮できる!仕事のマニュアルノートを作成することの有効性

by Takashi(aes256)
 仕事のマニュアル作成する際にノートに記して管理することも多いでしょう。データでマニュアルを作成する方法もありますが、ここではマニュアルを作成する上でノートの有用性について紹介します。

スムーズな業務ができる

 昔からマニュアルノートが会社に存在する場合があります。その中に記されている仕事は、今までそのマニュアルを基に上司が行ってきたものです。そのため、修正すべき点は修正を繰り返し、より効率的なマニュアルが完成しているはずです。

 業務の過程や重要な点をノートに記しておくことで、自分だけでなく後の部下にもスムーズな業務を引き継ぐことができます。

時間の短縮になる

 初めての仕事を覚える際は、マンツーマンでメモを取りながら仕事を覚えていくことが多いです。一度教えてもらったことを何度も聞くことは、教えてもらう人の時間を奪うことになり、迷惑になることもあります。

 そこで誰でも見れる共通のマニュアルノートが存在することで、分からないときにマニュアルをチェックすることができ、かつ、他の人の時間を奪うこともありません。そのため、マニュアルノートにはとても有用性があるといえます。

管理を簡素化できる

 大枠で部署の仕事のマニュアルがあり大枠のマニュアルの中で目的別にマニュアルを区分しておくと、ひとつのマニュアルの中にいくつもマニュアルが存在することになります。

 分からないことがあれば、一つに集約したマニュアルを確認するだけで良いのです。もしマニュアルに変更が生じた際は差し替えだけで済みます。管理を簡素化できるというメリットもあります。

 
 会社によっては、マニュアルノートと同じマニュアルをデータ上で管理していることもあり、どちらか一方を無くしたりした場合にバックアップ的存在があると、元通りにマニュアルを作り直せることができます。最悪の状態を想定して、ノートとデータでマニュアルを管理することも良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する