1. 仕事のマニュアルに入れるべき内容とは?新入社員にもやさしいマニュアルの作り方

仕事のマニュアルに入れるべき内容とは?新入社員にもやさしいマニュアルの作り方

by Luuk Nugteren
 能力やスキルに個人差があるときでもメンバーが均一な作業をすることができるのはマニュアルのおかげです。では、そのマニュアルはどのように作ればいいのでしょうか。ここでは分かりやすいマニュアルに盛り込むべき要素を紹介します。

仕事の目的や流れが分かること

 一つひとつの作業が、最終的にどんな仕事を達成出来るのか、新入社員には見当がつかないでしょう。しかし、その全体像が分かるマニュアルがあれば、自分が何を何のためにやっているのかが分かります。そのため、マニュアルには仕事の流れと目的を欠かさず書きましょう。

イレギュラーへの対応策が書いてある

 イレギュラーな事態にどのような対応を取れば良いのかが分かるマニュアルは重宝されるものです。ビジネスの分野においても、どんなトラブルが想定されて、その時の対処方法はどの様にするのかが記されていれば、新入社員であっても安心して仕事に向かう事が出来るでしょう。

イラストや図が入っている

 パッと見ただけで情報が入ってくるマニュアルは読み手の仕事への意欲を上げてくれます。特に仕事の流れの部分では積極的にイラストや図を使いましょう。


 いかがでしょうか。仕事のマニュアルに入れるべき要素を3つ紹介しました。これらが入っていれば新入社員の仕事の慣れも早くなるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する