1. 主体的に働きかけなければ変わらない!仕事の連絡が遅い部下に指導をする時のポイント

主体的に働きかけなければ変わらない!仕事の連絡が遅い部下に指導をする時のポイント

 上司として、部下の仕事の連絡が遅いのはかなり悩ましい問題であります。しっかりと連絡を取ってもらうために、指導をする必要があるでしょう。ここでは、仕事の連絡が遅い部下に指導をする時のポイントを紹介していきたいと思います。

連絡の重要性を理解させる

 連絡の重要性をしっかりと理解させることが指導の中で求められます。連絡がない場合、どのような迷惑が取り引き先や会社にかかってしまうのかを教えるようにしましょう。

上司から連絡をする

 上司から連絡をするというのも、部下を指導する上では大切なことになります。上司から連絡があれば、きっと部下も返信という形で連絡をしてくれるでしょう。それを習慣にしていくうちに連絡を自らしてくる様になるのではないでしょうか。


 ここでは、仕事の連絡が遅い部下に指導をする上でのポイントを紹介しました。しっかりと連絡の重要性を教え、習慣化することが重要です。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する