1. 企業のグループワークにブレインストーミングを取り入れるメリット

企業のグループワークにブレインストーミングを取り入れるメリット

by Eneas
 企業においても、グループワークは集団と個人の成長を促すプログラム活動です。最近はその中にブレインストーミングが取り入れられている事も少なくありません。ブレインストーミングをグループワークに取り入れるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

意見交換が活発になる

 まずグループワークの初期段階にブレインストーミングを行った場合、自由なアイデア交換によってコミュニケーションが活発になるという利点があります。特にブレインストーミングではアイデアに対しての否定や判断は禁じられているため、批判を恐れる事なく、より開放的なコミュニケーションをとる事が可能になります。グループワークの最初にこのような関係性を確立させる事ができきれば、グループワーク後に得られる効果もより大きくなるでしょう。

個人の特性や長所が明らかになる

 次にグループワークの中期にブレインストーミングを行うと、自由にアイデアを出し合う過程でそれぞれの個性を確認する事ができます。いつもは目立たない人がブレインストーミングで皆が驚くようなアイデアを出し、会議を引っ張って行く存在になるということはよくあります。そうした隠れた創造性やリーダーシップを気づかせてくれるという点でもブレインストーミングはかなりの効果を発揮します。またそうした場面で力を発揮することは個人の自信を高めるというメリットもあります。


 いかがでしょうか。自由な話し合いができるブレインストーミングを使えば、普段のグループワークとは違った効果が期待できます。メンバー同士の中を深めたい時に用いてみてはいかがでしょうか。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する