1. 報連相の徹底で無駄をなくす!報連相が嫌いな人と上手くコミュニケーションをとる方法

報連相の徹底で無駄をなくす!報連相が嫌いな人と上手くコミュニケーションをとる方法

by paul bica
 組織で仕事をしているとどうしても報連相をきちんとしない人はいます。中には「いちいち人と話すのは嫌い」と公言する人もいるくらいです。組織では、例外を認めてしまうと統制が取れなくなる恐れがあるため、それを認めるわけにはいきません。ここでは報連相が嫌いな人に上手く報連相をさせるための方法を紹介します。

報連相の重要性を伝える

 まずは相手がなぜ報連相が嫌いなのか聞いてみましょう。口下手だったり、年齢が離れている人と話すのが嫌いだったり、その原因は様々でしょう。その解決策を提示しながらも、報連相がきちんとされていないと仕事にいかに不自由が出るかを伝えてみましょう。仕事に不可欠なものだとわかったら、渋々でも連絡してくれるようになるかもしれません。

こちらから確認する

 それでも報連相を行ってくれない人はいるはずです。そうした人にはこちらから積極的に連絡するようにしましょう。これで作業の進捗は確認できるし、連絡がうっとうしいと思えば自分から連絡するようになるかもしれません。こちらからアクションを起こすのが解決策の一つです。


 いかがでしょうか。報連相を行うようになっても、その質が低い人も多くいるでしょう。その場合も、こちらから見本を見せてあげることで改善されるかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する