1. あなたの職場はどのタイプ?報連相ができない3つの理由とその対策法

あなたの職場はどのタイプ?報連相ができない3つの理由とその対策法

by Nicholas_T
 報連相がうまく機能しない職場多くあります。今回は報連相ができない理由をいくつか挙げ、それらに対する解決策を見ていきます。

報連相自体を軽視している

 まず、意外と多いのがメンバーが報連相自体を軽視しているということです。仕事に慣れてくると独断で判断するようになり、報連相を必要ないと思ってしまうのです。報連相はチームの効率化に欠かせません。まずは報連相が不足していることでどんなトラブルがが発生しているかを周知しましょう。

都合の悪いものを隠している

 次に自分に都合の悪い情報を隠してしまう人がいることで報連相が機能しないこともあります。この状態を改善するには、メンバー同士がコミュニケーションをとりやすい環境を作ることが大切です。ミスがあっても怒らない、など上司の対応次第で報連相が行いやすくなります。

内容を具体的に決めていない

 何を伝えたらいいのかを決めていない場合も、報連相がうまく機能しない原因です。あまりに多くのことを報告するのでは、面倒になってきます。報連相すべき内容をできる限り具体的に定めれば、迷わず伝達してくれるようになるかもしれません。


 いかがでしょうか。職場で報連相が起こりづらくなる理由は様々です。メンバーに直接ヒアリングをとるのも原因究明に役立つでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する