1. 仕事を早く出来る人になるために必ず読んでおきたい2冊の本

仕事を早く出来る人になるために必ず読んでおきたい2冊の本

by Eduardo Loureiro
 仕事が早くなるためにはどうしたら良いのだろうと考えたことはありませんか。仕事の早い人に聞くことが出来たら良いのですが、そういった人はなぜ自分が早く仕事をこなすことが出来るのかについて分かっていない場合があります。そこで今回は仕事が早い人材になるために必ず読んでおくべき本を紹介していきます。

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)

 こちらの本は、毎日仕事に追われて残業が続きプライベートが全然充実していないという悩みを抱えているビジネスパーソンのための1冊です。

 この本は、この著者はサラリーマンをしながら、税理士・気象予報士をとっているなかなか凄い著者が、「仕事を速くできるためのコツと習慣」を50項目でまとめた本です。中身は著者の今までの経験を元に書かれているため、誰でも真似できて実践的であるというのも良いポイントです。 仕事もプライベートも充実させている人がやっているちょっとした習慣をのぞけるおすすめの方法が満載なので是非一度読んでみてください。

仕事が速い人のすごい習慣&仕事術 (PHP文庫) 

 この本の著者は、国際経営コンサルタントとして起業している人で、成功することが出来た仕事術を紹介しています。時間がなくても彼のように目標達成することも可能なんだなと思うと勇気が貰える一冊です。

 「移動中に思いついたことは、すぐに携帯電話に記録する」「受信したEメールは朝のうちに返す」など簡単にできる方法がたくさん記されています。今日から即始めてみたいと思えるノウハウが満載の本です。是非読んでみてください。

 
 身近に大成をした人がいて実際に話が出来るという機会は少ないでしょう。上記の本を是非手に取って、その中のテクニックを自分のものにしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する