1. いきなり丸投げしてませんか?仕事の優先順位を部下に教えるときに意識すべきこと

いきなり丸投げしてませんか?仕事の優先順位を部下に教えるときに意識すべきこと

 部下を指導する立場の人にとって、教えるのが難しいこととして挙げられるのが、優先順位の付け方ではないでしょうか。結局教えずに自分が付けているという人も少なくないでしょう。ここでは、部下に対して仕事の優先順位の付け方を教えるときに意識しておくべきことを紹介していきたいと思います。

まずは優先順位を付けてあげるところから始める

 優先順位をまずは、部下にいきなり任せるのではなく、こちらで指定するようにしましょう。最初からいきなりまるなげしても上手く行きません。仕事の優先順位は、仕事の内容や、自分の所感によって大きく入れ替わるものです。まずは、自分がやるのであればこうするという順位を付けてあげるようにしましょう。

優先順位を付けた理由を語って教えていく

 優先順位の付け方を部下に教えるときに意識したいのは、部下が知りたがっているのは、優先順位の付け方の基準であるということです。そこで、優先順位を教えるときは、自分がなぜその仕事をその順位にしたのかを教えるようにしましょう。


 ここでは、仕事の優先順位を部下に教えるときに意識すべきことを紹介しました。まずは、自分が優先順位をつけて、その基準を教えることがポイントになります。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する