1. チームで仕事を行う際におこりやすい「コミュニケーション不足」を改善する3つの方法

チームで仕事を行う際におこりやすい「コミュニケーション不足」を改善する3つの方法

by utpala ॐ
 仕事では様々なコミュニケーションが求められます。プロジェクトやチームを組み集団で進めていく仕事の場合は特に十分なコミュニケーションが必要です。ここでは、チームで仕事を行う際に起きるコミュニケーション不足を解決する方法について述べてゆきます。

報告・連絡を徹底する

 どのような仕事であっても報告や連絡は確実に行う必要があります。同じ仕事をする人数やその際に使用する情報量が増えるにつれ、認識している情報に各自で漏れや差が出易くなり仕事の品質を落とす原因となりかねません。

 そこで、全員が知る必要がある情報は些細な事であっても対象となる人全員に確実に周知するようにしましょう。また一度開示すれば相手は全員周知していると捉える人もいますが、やはり集団であれば漏れは出てきます。特に忙しい時期や重要な情報であれば、複数回開示する、認識したかの確認フォローを行う、口頭のみではなく書面でも伝える等の方法を臨機応変に行いましょう。

仕事状況を確認し配慮する

 チームで仕事をする場合、入念に予定を見積もったとしても要件や状況の変化、スキルの差などで、各々で予定に対しての進行に差が生まれる事が多くあります。偏りのある状態で進めると全体の進行を阻害する原因となったりミスを誘発する原因となります。この為、周囲の人の仕事状況を十分に確認する必要があります。

 また単に量的な確認や、遅れていたら手伝ったり予定を伸ばしたり等の機械的な対応でなく、なぜ遅れているかやどのような所で苦戦しているかなど、その人を理解して次につなげる姿勢が大切です。遅れている側もどこに問題があるか、どうして欲しいかという意思をしっかりと伝える事が大切です。

考えや意見を確認しより良いものをつくる

 人が多くなる程、それぞれの考えを確認する必要があります。考えが異なった状態で集団で仕事を行うと良いものは生まれません。特にクリエイティブな仕事であれば意図しないものが出来上がってしまったり、品質が落ちてしまう場合があります。

 そのような問題を避けるために周囲がどのような考えやイメージを持ち仕事をしているかを各々が理解する心掛けや自分の意見をしっかりと伝える心掛けが必要です。

 また、考えや意見が言いにくい環境であればリーダーが体制や雰囲気を改善する必要があります。飲み会等で仕事外での交流の場を作るのもオススメです。考えやイメージを理解し、意見を出せ会えれば問題を回避するだけでなくより良いものが造れる可能性が高まります。


 チームで仕事をする場合に絶対に必要となるのはコミュニケーションです。上記のことを実践してより良いチームを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する