1. めんどくさい!という気持ちを取り除き報連相を仕組み化する方法

めんどくさい!という気持ちを取り除き報連相を仕組み化する方法

 ビジネスマンであれば基本動作の1つとして、報連相をすることが求められてくるのではないでしょうか。しかし、大人数だとなかなか報連相が徹底されないこともあります。ここでは、報連相をする仕組みをつくるための方法を紹介していきたいと思います。

メモやシートの形で提出してもらう

 報連相をする時間を個別にとっていると、時間がかかってしまうのと同時に、めんどくさいと感じることも増えてしまいます。報連相のメモやシートを作成し、そこに業務の進捗状況などを書いてもらう形式にすると、それが習慣化されて報連相がスムーズに進むのではないでしょうか。

報連相だけの時間を設ける

 報連相がなかなか仕組みにならないのは、時間を見計らったり、良いタイミングを掴むのが難しいという理由があるでしょう。報連相をするための時間を作ると、そのような悩みは改善されます。朝会の時間などを有効活用し、報連相を円滑に進めましょう。


 ここでは、報連相を仕組み化させるための方法を紹介しました。報連相を行うときのハードルを低くすることで、仕組みとして全員が報連相をするようになるでしょう。しっかりと意識的に取り組んでください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する