1. 相手の納得感が大きく変わる!現状から見える課題を企画書に記載するときに気をつけたいこと

相手の納得感が大きく変わる!現状から見える課題を企画書に記載するときに気をつけたいこと

 企画書を作成するときに重要になるのが、現状から見える課題がどのようなものであるのかということではないでしょうか。しっかりと、事実をとらえた課題を見つけることで、企画としての納得度も上がるでしょう。ここでは、企画書に現状から見える課題を書くときに気をつけたいことを紹介していきたいと思います。

データを用いて現状を分析する

 現状として感じていることが実際に正しいのかどうかということは、データを用いて調査する必要があります。自分が体感的に感じている現状でも、もしかしたら数字的には正しくないことであるかもしれません。しっかりとデータを調べて、合っているのかを確認して企画書に記載するようにしましょう。

相手に現状を把握させる

 現状から見える課題を書くとき、多くのパターンでは、相手が現状を把握していないでしょう。相手に現状を把握させることができないと課題を提示しても、相手には響きません。現状に実感を持たせるためにも、数字や、実際のインタビューを企画書に入れることをおすすめします。


 ここでは、現状から見える課題を企画書に書くときに気をつけたいことを紹介しました。現状をきちんと調査し、相手にわかりやすい形で企画書に記載するようにしましょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する