1. 最終的にはスピードアップに!仕事が遅い人が注意力を持つことで得られるメリット

最終的にはスピードアップに!仕事が遅い人が注意力を持つことで得られるメリット

by kenzaburo1
 仕事がどうしても遅いと嘆かれる方は多いことでしょう。しかし、たとえ仕事が遅いとしても、注意力を持って業務にあたることができれば、それはかなりの効率化に繋がることになります。ここでは、仕事の遅い人が注意力を持つことで得られるメリットについて述べてゆきます。

後々の効率を上げる

 仕事は早いけれども注意力があまりないという人もいます。そういった場合は、後になってミスが発覚したり大事なことが抜けていたりしてそのフォローに時間をとられることになります。しかも、そのチェックのための時間もかかるので、結果としてはかなりの無駄な時間を生じることになってしまいます。

 一方、注意力を持ってミスなく確実に業務をこなすことができれば、たとえ時間がかかったとしてもその後は確認作業にも手間はかかりませんし、無駄も生じることはありません。まさに急がば回れです。

問題発見が早い

 注意力があるということは、業務をこなす中で多くのことに目を向けられるということです。すると、その中に課題や問題を発見しやすくなります。問題が深刻になる前に手を打っておくことにより、後々のトラブルを防ぐことができます。

 もしそのような問題の芽に気づかずに後になって発覚した場合には、その対処に追われることになり、多くの人や企業に迷惑をかけることにもなります。それを未然に防ぐということは、たとえ仕事が遅いとしても非常に大きなメリットと言えます。

注意力は大切な能力

 仕事が遅いと思っていたとしても、実は注意力があればそれを克服することはできます。じっくりと自分が行なっている業務を振り返ってみることで、どこに問題やその原因があるのかがわかってきます。改善点や効率化に繋がる方法を見つけることが容易になるため、自己の成長につながります。

 仕事をする上で大切な能力は何かといえば、注意力と課題発見、そして解決する力です。たとえ今は仕事が遅いと思っていたとしても、注意力は自分自身の成長に大きく寄与するものだということを自覚しましょう。その注意力を持っていれば、課題としている仕事のスピードも上げることができますし、なおかつ正確で丁寧な仕事の進め方ができ、そしてトラブルをも未然に防ぐことができるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する