1. スピードではなく「要領の良さ」をアピールする!「仕事が早い」と言われる人材に短時間でなる方法

スピードではなく「要領の良さ」をアピールする!「仕事が早い」と言われる人材に短時間でなる方法

by We Make Noise!
 仕事が早いという評価を受けることは、仕事をする上で重要なことです。しかし、仕事のスピード自体は、そんなに簡単にあがるものではありません。「仕事が早い」と言われるポイントは、仕事が早いという評価を受けるためのコツを身につけることにあります。このコツを身につければ、短時間で「仕事が早い」人になれるでしょう。そのコツをご紹介します。

自分の仕事に完璧な完成度を求めない

 仕事が遅い言われる人の中には、仕事の完成度を気にしすぎて、自分の首を絞めている人がいます。仕事をする上では、完成度よりもスピードが求められているケースが多々あります。完璧主義に陥りやすい人は、完全な仕事をしようとするあまり、仕事の完成が遅くなっていないか自問自答してみてください。完璧を目指さずに、そこそこの出来のものを早く出すようにすれば、仕事が早い人としての評価を得ることができます。

要求される仕事のレベルを考える

 上司から仕事を依頼された場合、必ずしも完璧なものを要求されているとは考えないことです。仕事というものは、締め切り直前にベストなものを提出するより、締め切り前にベターなものを出した方が喜ばれることも多いことを知りましょう。

 例えば、上司から会議の資料の準備を頼まれたとき、会議の直前に資料が出来上がっても、上司は内容を確認することができませんし、自分で手直しすることもできません。この場合、多少はアラがあるものであっても、より早く提出し、必要であれば上司の指示を受けて修正する方が正しいと言えるでしょう。

 頼まれた仕事の内容をよく考えて、その仕事を完成すべき時間というものを的確に判断しましょう。先の例でいえば、仮に上司が「会議の時間までに」と言ったとしても、それは直前ではなく、少なくとも数時間前には提出すべきということになります。必要なタイミングに間に合うように仕事を終わらせることが、仕事が早い人の評価を得る道です。

遅くなりそうなときは、途中経過や進捗状況を報告する

 他の仕事との関係で頼まれた仕事が遅くなりそうなとき、催促されるまで何の報告もしないでいれば、あなたは「仕事が遅い人」のレッテルを貼られてしまいかねません。

 こういうときは、「今はここまで出来ている」「後どれくらいでできそうだ」という現状と完成予定時間の報告を早めにあげておきましょう。進捗状況が把握できれば、上司も安心できますし、場合によっては、その仕事を他の仕事よりも優先するように頼まれるかもしれません。大事なのは、あなたが置かれている状況を上司にも分かってもらうことです。

 この点に気をつけていれば、少なくとも仕事が遅いとは思われなくなりますし、「しっかり計画を立てて仕事ができる人」の評価を得ることも出来ます。そして、報告しておいた予定時間までに仕事が終われば、立派に「仕事が早い」人になれます。


 「仕事が早い」というのは、単なる仕事完成までの時間の長さ問題ではなく、仕事が早いという印象を与える要領の良し悪しの問題でもあります。上記のポイントを参考にして、「仕事が早い人」という評価を勝ち取ってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する