1. ニッチ市場でヒット商品を生み出すために必要な考え方

ニッチ市場でヒット商品を生み出すために必要な考え方

by thejasp
 ニッチ市場という言葉を最近良く耳にします。一般的なマス市場の対局にあるのがニッチ市場です。それは隙間市場とも呼ばれ、規模の小さい市場を指すことが多いです。

 そのニッチ市場でヒット商品を生み出す方法には、どういった方法があるのでしょうか。基本的なことはマス市場で行うことと一緒ですが、以下の2つの方法はニッチ市場特有なものです。では、それぞれについて見ていきましょう。

まだ知られてないニッチ市場情報の確保

 ニッチ市場でヒット商品を生み出すためには、マス市場で行われるように市場調査・分析が必要となります。しかし、ニッチ市場はマス市場違い有用な情報がそれほど公表されていないため、マス市場で行うような方法では良い情報が十分に拾い上げられません。

 そのため、その市場に属する消費者に直接意見を聞くことが非常に重要になってきます。またニッチ市場だと、まだ認識されていない市場もあります。そこに属する消費者は、日々こういったものがあればと欲しているのに、その欲求に満たされていない状況です。

 そういった消費者に商品開発・販売のプロジェクトに加わってもらうのも1つの方法です。いずれにしても、まだ知られていないニッチ市場に関する重要な生の情報を獲得することが、ヒット商品を生み出す方法の第一段階になります。そして、そこで得た情報もとに、ターゲットと販売する商品を決定していきます。

ピンポイントで行なう集客

 ターゲットと販売する商品が決まったら、効果的に集客を行います。ニッチ市場の規模は小さいので、マス市場で行うような大々的な広告を行う必要は有りません。むしろ、その消費者層をピンポイントに集客を行う必要があると思います。

 ニッチ市場では、消費者同士のつながりがマス市場より濃い場合があります。もしそうだとするなら、その消費者の中でも影響力がありそうな人達を中心に集客して行くと良いと思います。そして、その人達の口コミでの影響を通して、その商品の宣伝を行います。また上記で挙げたように、そのニッチ市場に詳しい人がプロジェクトに加わっているなら、そのニッチ市場に向いたより効果的な集客方法を見つけることができます。こういった的を絞った集客が、ヒット商品を生み出す2番目の方法となります。

 ニッチ市場でヒット商品を生み出すには、まだ良く知られていないニッチ市場の良い情報を吸い上げる必要があります。そのために直接その市場に属する消費者に意見を聞く、または商品開発・販売のプロジェクトに参加してもらうなどをして新鮮な情報を確保してください。

 そして、ターゲットと商品が決定したら、ニッチ市場の中でも影響力のある人達に的を絞り集客を行います。それは、彼らの口コミでの効果を狙うものです。これら2つの方法がニッチ市場でヒット商品を生み出す方法としてマス市場で行うこととは違い、また特に重要であると思われます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する