1. 「何をすればいいんだっけ…」記憶力の低下を感じる人のための対処法

「何をすればいいんだっけ…」記憶力の低下を感じる人のための対処法

by Yuya Sekiguchi
 記憶力の低下を自覚することはよくあることだと思いますが、それが原因で仕事のミスが増えてきたと感じることもあるかと思います。確かに、するべきことがあったのに忘れてしまったとか、大事な要件がすっかり頭から抜けてしまっていた等、記憶力に関わることは仕事には多いものです。そんな時には、どのような対処をすればよいのでしょうか。

忘れること前提でメモを取る

 必要なこと全て頭に入れておく必要はありません。メモを取ればよいのです。人間は忘れる生き物だということを前提にしましょう。手に届きやすいところに記録を残して、自分の頭は考えることに専念しましょう。

記録場所を統一する 

 メモを取るときには必ず記録する場所を統一しましょう。手当たり次第に書いては、どこにメモを残したのか忘れてしまい二度手間になります。紙のメモでもスマホやPCなどのデジタルデバイスでもよいですが、決まった場所にメモを取ってください。

 ポイントは検索のし易さです。書き込んだ情報を必要な時にすぐに探し出しせるようにします。PCならタグをつけて整理もできるし、後で検索できるので便利です。紙のメモでも付箋やインデックスを使えば検索性は向上します。


 以上のように、記憶力が低下してきたと言っても工夫すればいくらでもフォローすることができるのです。メモを取る際には後から簡単に探せるよう工夫することが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する