1. 納期に間に合わない!時間管理をせずに仕事を行う危険性

納期に間に合わない!時間管理をせずに仕事を行う危険性

by dai-snap!
 仕事を進める際に、時間の管理をするということは非常に大事です。しかし忙しくなってくるにつれ時間管理がおろそかになってしまうこともあるでしょう。ここでは、時間管理をせずに仕事を行う危険性について述べてゆきます。

進行管理ができない

 仕事には流れがあります。そのため最終的なゴールまでの道筋は立てておかなければなりません。タイムスケジュールを立てることで、どの作業が予定通りに進んでいるのか、あるいは遅れているのかをチェックすることができます。そこでもし遅れている作業があるとしたら、スケジュール調整や作業の見直しも必要になってきます。

 もし時間管理をしなかった場合、そのような時間調整を行うことができなくなり、結果仕事が納期や期日に間に合わなくなってしまいます。

効率の良い予定を立てることができない

 時間を逆算することにより、仕事の段取りを組むことができます。その中でより効率が良くなるように仕事の順序を決めていくことになります。

 時間管理をしていなければそのような計画を立てることができないので、仕事を進める中で無駄が生じることになってしまいます。また、後で必要となる細かなチェックや調整業務のための時間確保もできないので、納期ぎりぎりになって慌てる事態にもなってしまいます。

ムダや問題が発生する

 仕事は基本的に、かける時間に比例してその品質を高まります。時間管理をしていれば、どこまで時間を費やして品質を上げることができるかという目安がつきます。

 しかし、時間管理をせずに仕事を進めたならどの程度まで時間を使えるのか、どこまで品質を高めることができるのかがわかりません。余分に時間が余ってもっと品質を高めることができていたり、逆に時間をかけ過ぎて納期に間に合わなくなってしまったりという事態に陥ります。スケジュール調整を上手く行うことによって、そのバランスを上手くとることができるようになります。


 上記のように、時間管理をしていないと様々な面に影響を及ぼすことがわかります。このような状況になってしまうことを防ぐために、時間管理をしっかりと行って仕事に取り組みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する