1. プロフェッショナルなビジネスマンへの近道!「スキル」ではなく「仕事への意識」をまずは変えてみる

プロフェッショナルなビジネスマンへの近道!「スキル」ではなく「仕事への意識」をまずは変えてみる

by jurvetson
 プロフェッショナルなビジネスマンともなれば、仕事に対して高い意識を持って臨むのが当たり前になっています。人それぞれ様々な意識の持ち方がありますが、優れたビジネスマンの意識には共通点が見られます。

 逆に考えると、共通している意識を持ちえない人間はプロフェッショナルなビジネスマンにはなれないと考えることもできるでしょう。仕事に対する意識を学ぶことは、自分を高めるための第一歩になります。今回は、プロフェッショナルなビジネスマンに共通する仕事に対する意識の持ち方を紹介します。

役割を意識する

 どのような仕事であっても、すべての作業を自分一人でこなすことは不可能です。仕事とは集団作業であり、チームワークによって機能するものであることを自覚し、チームの一員として何ができるのかという自分に与えられた役割を意識する事が重要になります。

 役割を意識することで仕事の目的と方向性が明確になり、自分がなすべき仕事がなんなのかを理解することができるでしょう。あれこれ手を出して中途半端な仕事をしてしまうのは、ビジネスマンとして最も避けなければいけない行為です。まず和自分に与えられた役割を認識し、仕事の成果をしっかりと出すことがプロフェッショナルなビジネスマンへの第一歩となります。

人間関係に配慮する

 仕事が他社との関わりの中で進んでいくものである以上、自分の好きなようにふるまうことは許されません。時には自分が不利になってでも他人に配慮することが必要になります。

 他人への配慮は巡り巡って必ず自分の利益になって帰ってきます。恩着せがましいようなことをしてはいけませんが、周囲への配慮や気配りを忘れなければ、周囲の人間もまたあなたに対して配慮や気遣いをしてくれるようになるでしょう。日常の挨拶程度のことでも、人間関係構築のためには大切な配慮です。普段から他者に対する配慮の意識を持つことが、長い目で見た仕事の利益につながるはずです。

嫌な仕事ほど自分を高める

 仕事の中には進んで行うことがためらわれるような嫌な仕事も存在します。誰でも嫌な仕事は避けたいものですが、嫌な仕事ほど自分を高めてくれるチャンスでもあるでしょう。普段の自分では積極的に関わらないような仕事をこなすことで、今までとは違った経験を積むことが可能になり、自分の中にある新たな可能性を見出す良い機会になってくれます。


 意識の持ち方ひとつで仕事に対する姿勢は大きく変わります。プロフェッショナルなビジネスマンの意識を真似したからといって自分も優れたビジネスマンになれるとは限りませんが、少しでもプロフェッショナルに近づくくらいには役立てることができるはずです。プロフェッショナルなビジネスマンの意識を学び、真摯な姿勢で仕事に携わることが自分を高めることに繋がり、より質の高い仕事をする能力が身につくでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する