1. メモに書くべきことはこれ!仕事に役立つメモの取り方

メモに書くべきことはこれ!仕事に役立つメモの取り方

by CD_Fr
 社会人にメモは必須と言われますが、実際は何を書けばいいか分からない人も多いのではないでしょうか。ここではメモに取るべきことと、気を付けるべきことを紹介します。。

話している人と要点を書く

 会議やプレゼンテーションでメモを取るときには、発言者とその要点に絞ってメモを取るとよいでしょう。発言者を書いておけば気になることがあった時に質問ができます。ポイントは、発言内容全てを書き取らないことです。必要な数字などは適宜メモを取り、強調や繰り返し発言する部分を重点的にメモするとよいでしょう。箇条書きにするとあとで見やすくなります。

疑問に思ったことを書く

 新人のうちは、上司が何を言っているのかわからない場合もあるでしょう。そのような場合も迷わずメモを取ります。わからないことはそのままにせずに積極的に聞きに行きましょう。会議中に疑問に思ったことを書いて横にはてなマークをつけておけば、余裕があるときに調べて、それでもわからなければ上司に聞くことができます。ちょっとした努力の積み重ねが後で大きな差になります。


 いかがでしょうか。メモの取り方を早めに覚えれば、仕事を覚えるスピードをかなり上げることができます。メモを効率よくとって一人前として活躍しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する