1. なんとなくメモを取るだけじゃダメ!メモを取る際に大切なポイントとその重要性

なんとなくメモを取るだけじゃダメ!メモを取る際に大切なポイントとその重要性

by thejasp
 様々なビジネスシーンにおいて、仕事関係でとるメモは非常に重要なものです。メモをとることで、話の内容を記録しておくばかりか、自身の行動を振り返り確認することが出来ます。ここでは、いくつかの項目に分けて説明しましょう。

書きやすいメモ帳を選ぶ

 メモ帳は仕事で使うことを前提にして、あまり派手ではないものにしましょう。他人に見られる場合もあるので、それは当然の配慮です。紙の束でも良いのですが、バラバラになった時に困るので極力避けましょう。メモ帳を買うのであればノートのような見開きのものでは無いものが便利です。

 また、スケジュール帳を買うことも良いです。スケジュール帳に今後の予定を書いておくと、メモを書いたが見なかったということではダメだからです。その点、スケジュール帳だと見る機会が多くなります。また、何月何日に何があるのかがわかった場合などにすぐに書くことが出来ます。ペンは替え芯がなくなることを考えて、シャープペンシルではなくボールペンにしましょう。

メモを取る

 次に、仕事でのメモの重要性です。メモは振り返り確認することと上述しましたが、それはメモをすることが脳を活性化させることに繋がります。活字離れした社会で、スマートフォンなどにメモを打ち込む方もいますが、データが飛んでしまえばおしまいです。

 また、書くことによって文字を忘れることが減って見直すことが出来ます。メモ帳に書いたことをスマートフォン・パソコンに打ち込むのも良いですが、前提としてメモ帳に書いたことはきちんと残しておくことが重要です。どのページのどの辺りにどの仕事のメモを書いたのかわかるように、始めのページに索引を作ったり、邪魔にならない程度の差し障りのない大きさの付箋などをつけると見やすくなります。電話対応をする時なども、メモを取ることで相手の名前、要件などをしっかり承ることが出来ます。

メモを見直す

 メモを取るだけでは意味がありません。何度も言いますが、振り返る・確認するということがメモとしての最優先の意味です。仕事をするにあたって、メモは重要性の高いものだといいました。メモを取ることは相手からの好感度も上がることでしょう。

 しかし、書いただけで見直さなかった場合は、忘れたり勘違いすることが多くなります。そのため、見なければ心配になるぐらいでちょうど良いかもしれません。普段からメモを見る習慣がつけば好感度は上がり、仕事のやる気も上がり質も向上するでしょう。メモを見て思い出せなかった時には、周りの人に質問するのも良いでしょう。質問するのもメモを見ながらだと迷うこともなくなりますし、そこに追記することも可能でしょう。それを見越して、メモする際に余白を作っておくことが重要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する