1. 説得するには根拠がある図を作成する!企画書に図を掲載するときのポイント

説得するには根拠がある図を作成する!企画書に図を掲載するときのポイント

by kevin dooley
 企画書で相手を説得させるために重要なカギを握っているのが、企画書に載せる図ではないでしょうか。データや数字により根拠を示すと、相手も企画の実現がイメージしやすいでしょう。ここでは、企画書の図を作成するときのポイントを紹介していきたいと思います。

数字を具体的に記載する

 図を作成すると、数字がなくてもある程度根拠が相手に伝わると思いがちですが、実はそうではありません。数字を図にきちんと記載していないと相手に図の意図や意味が伝わらない場合もあります。書式や見やすさを意識しながら、しっかりと数字を記載することが重要です。

コピーや転記は慎重に

 図を用いる時に、以前利用したプレゼンのスライドから持ってくる場合もあると思いますが、そのような場合は慎重な利用が求められます。コピーする場合、その書式が企画書の他のグラフに合っていないことや、企画書の数字と合っていない場合があります。コピーしたとしてもしっかりと数字を確認し、修正するようにしましょう。


 ここでは、企画書に図を掲載するときのポイントを紹介しました。説得力を持たせるために用いる図は、そのデータが正しいのかが非常に重要になります。意識的に取り組みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する