1. レスポンスの早さが出世を左右する!?仕事のレスポンスを早くするためにすべきこと

レスポンスの早さが出世を左右する!?仕事のレスポンスを早くするためにすべきこと

by isinoid
 ビジネスを行う上で仕事でのレスポンスが早い人は重宝されます。ここでは、レスポンスが早いと言われるためにはどうすれば良いかについて述べてゆきます。

スケジュール管理をする

 スケジュール管理は仕事を進めるための土台です。さらにスケジュールは自分の抱えている仕事やその期限を把握しておくために重要です。スケジュール管理がしっかりと出来ていると、不意に上司やクライアントから期限のある仕事を依頼された場合、可能か不可能かをすぐに返答することができます。

 もし期日に無理があって依頼された時点での期日変更をしたい時には、スケジュールの都合上などの理由をその場で返答できるため、レスポンスの早い人だと感心されること間違いないでしょう。

期日を決める

 期限の設定されていない仕事の場合、依頼した側もされた側もお互いに期日について確認をしなかったら、その双方にはもちろん他の人にも迷惑をかけることにつながります。

 期日を決めるコツとして、依頼した側された側どちらの立場に関係なく、自分から期日を確認することでレスポンスの早さに繋がります。どんな仕事でも仕事に期日を決めることを徹底しましょう。

メールの返信は早い段階で済ませる

 メールは時間に関係なくやってくることが多いため、メールの内容を確認して、早い段階で返信するようにしましょう。メールでは返信以外でメールの内容を確認したか否かを判断する方法がないため、何も反応がないと確認したのか不安になります。

 急ぎの仕事でなくても返信は早くすることで、メールを送信した側も安心しレスポンスが早いと印象付けることにも繋がります。


 上記のことを実践して上司やクライアントに仕事のレスポンスが早いことを印象づけてキャリアアップを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する