1. 仕事中にすぐ出来る!頭の中にある「考え」を時間をかけずに整理するオススメの方法

仕事中にすぐ出来る!頭の中にある「考え」を時間をかけずに整理するオススメの方法

by The ReflexMan
 仕事を効率よくこなしていくために重要なことといえば、常に頭の中を整理しておくことです。頭の中を整理しておくことで仕事に対して戸惑うことが無くなり、効率よく仕事を処理して手早く終わらせることができるでしょう。

 しかし、頭の中を整理されていない場合、すぐに思考が停止してしまい作業が度々中断してしまいます。頭の中を整理しておくためには、どのような方法があるのでしょうか。今回は、仕事中にできる頭を整理するのにオススメな方法を紹介します。

外部で記憶する

 頭の中が散らかってしまう主な原因は、覚えるべきことが多すぎる部分にあります。覚えておかなくてはいけない事や意識しておくべきことが増えすぎてしまった場合、頭の中の容量をそれらにとられてしまい、仕事に必要な容量を確保できなくなってしまうでしょう。

 記憶や意識はメモを利用して外部に置いておくようにすれば、余計なことを考える必要が無くなり頭の中をからっぽにした状態で効率よく仕事ができるようになります。メモ化して外部に記録された記憶や意識は、頭の中では困難だった整理作業が非常にやりやすくなります。必要な要素だけを抽出してまとめておけば、外部装置を利用した整理術が完成するでしょう。

計画を立てる

 仕事の計画を立てることで必要な要素を考えながら作業を進めることが容易になり、頭の中の不要なことを排除して整理することができるようになります。計画を最初にたてておけば、その後の仕事が効率的に進められるだけでなく、余計なことを考えず、仕事のみに集中すれば良い環境が構築されるはずです。

 余計な考えを巡らせてしまうことは、思考を混乱させ頭の中をかき乱す結果を招いてしまうでしょう。常にシンプルな思考ができる環境を構築しておくことが、努力せずに頭の中を整理する方法になります。

ぶつけてみる

 頭の中の整理ができないという状態は、何かが対立していたり複雑に絡み合ってしまっている状態でもあります。一つ一つ丁寧に解き解くのが一番いい方法ですが、この方法は時間も労力もかかってしまうため、仕事中の片手間にできる作業ではありません。

 仕事中に頭の中を整理したいときは、少々乱暴な方法ですが対立するアイデアや絡み合った発想同士をぶつけてみて、どの部分が問題でどこが共通しているのかを洗い出してみましょう。2つのものをぶつけてみることで異なる点や共通点が明確になり、長所や短所をはっきりさせることができます。はっきりしたイメージが浮かんだら、それをもとに思考を整理していけば、理想的な状態に頭の中を整理しておく事ができるでしょう。



 頭の中がすっきりと整理されていれば、新しい発想も生まれやすく、質の高い仕事ができるようになります。人によって最適な方法は異なるので、何度も工夫しながら自分にとって理想的な整理方法を見つけてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する