1. 退屈に感じたら実践してみよう!ルーチンワークの「作業時間」を短縮する方法

退屈に感じたら実践してみよう!ルーチンワークの「作業時間」を短縮する方法

by Luke,Ma on Vacation!!
 仕事には頭を使って考える作業が必要な仕事と、ルーチンでこなせる作業の二種類があります。ルーチンでこなせる作業の場合、やり方を工夫することで大幅に作業時間を短縮できる可能性があります。考える作業とは違い、ルーチン作業は誰が担当しても同じような成果が出るように形成されている作業です。

 ルーチン作業のシステムには改善点が潜んでいることが多いため、改善点を見つけ出して改善を行うことで、作業時間を短縮することが可能でしょう。今回は、仕事でのルーチン作業の時間を短縮出来る方法を紹介します。

一つにまとめる

 ルーチン作業では決められた手順を繰り返して仕事をすることになりますが、ルーチン作業の肯定の中には一度にまとめて行うことが可能な作業があります。まとめられる作業はまとめて行うようにすれば、一回ごとに必要になっていた工程を省くことができるようになり、その作業に費やしていた時間を短縮することができるでしょう。

 例えば、機械製作時に一台製造するたびに部品を取りに行く手順となっていた場合、部品を運ぶのを一回ごとに運ぶのではなく、必要な分だけ何個か一度にまとめて運ぶようにすれば、作業にかかる時間は大幅に短縮されます。まとめてできる作業はまとめて処理するようになれば、より早く仕事をこなすことができるはずです。

分担する

 ルーチン作業の特徴は、必要な作業手順が工程ごとに分かれていることです。この特徴を生かして短縮化を目指すなら、一人がすべての工程を作業するのではなくそれぞれが必要な作業の専任担当者になれば、得意な作業に集中して仕事をこなせるようになるため作業効率は大きくアップします。

 この方法は作業の単純化により時間短縮を目指す方法ですが、単に作業時間が短くなるだけではなく、専門分野の作業に特化することで仕事の上達が早まり、人材育成にも良い効果をもたらすでしょう。

時間を区切る

 ルーチン作業の多くは単調な仕事の繰り返しになるため、長時間続けていると集中力が途切れてしまい作業効率が悪化してしまうでしょう。そんな時は仕事を始める間に制限時間を設定して時間を区切り、区切られた時間中だけ集中して作業をこなすようにすれば、漫然と仕事をしているよりも引き締まった仕事ができるようになります。

 締め切り時間がきまっていることで、自分が担当する仕事に集中して作業する習慣が身に付き、ルーチン作業をより正確にこなせるようになります。



 ルーチン作業の時間を短縮するためには、ルーチン作業の特性を知らなくてはいけません。特性を知ることでルーチン作業の効率を改善するようなアイデアが生まれ、よりやりやすく効率の良い仕事の枠組みが出来上がります。

 ルーチン作業は単純な仕事ではありますが、決して退屈な仕事ではありません。ルーチン作業の本質が理解できれば、より理想的な形で仕事に参加することができるようになります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する