1. クーポンを配布するだけでは意味なし!企業がLINEを使ったマーケティング戦略で意識すべきこと

クーポンを配布するだけでは意味なし!企業がLINEを使ったマーケティング戦略で意識すべきこと

 企業のマーケティング戦略として、LINEを活用するケースも増えているかと思います。LINEを企業が利用することで、知名度の向上や、販売の促進が期待できるでしょう。ここでは、企業がLINEのマーケティング戦略を考えるときに意識すべきことを紹介していきたいと思います。

スタンプやクーポンの配布だけでは効果に繋がらない

 LINEでのマーケティング活動というと、大体の方が想像するのは、クーポンの配布や
スタンプの配布ではないでしょうか。これらのマーケティング活動は、確かに有効ですが、クーポンだけを利用する顧客や、スタンプを取得してそのままブロックされていまうこともあります。魅力的なコンテンツを発信することも重要であると意識して取り組みましょう。

一方的だからこそのマーケティング活動を

 従来のSNSとくらべて、LINEのマーケティング活動は、顧客との繋がりが一方的であるという意味でことなっているのではないでしょうか。企業が一方的にLINEを発信し続けるというメリットやデメリットを考慮して戦略を立てなければ、マーケティング活動としての成功は難しいでしょう。


 ここでは、企業がLINEを利用したマーケティング戦略を考える時に気をつけたいことを紹介しました。一方的な情報の発信となるからこそ、意識的にマーケティング活動を変化させて取り組みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する