1. 何のために報連相はある?仕事の上達に報連相が欠かせない理由

何のために報連相はある?仕事の上達に報連相が欠かせない理由

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 社会に出て頻繁に耳にする言葉に「報連相」があると思います。いまさらながらですが、これは報告・連絡・相談の意味です。しかし、報連相がなぜ重要なのかあまりわかっていない人も少なくないのではないでしょうか。ここでは報連相を行う意義を紹介します。

他人の作業を知ることで、自分がやるべきことが分かる

 組織が巨大になりすぎると、同一組織なのに部署間の連携や連絡がうまくいかなくなります。最悪、同じ案件に別の部署がそれぞれ取り組むといったことまで起こります。

 そこまではいかなくても、仕事をしていると隣の人が何をしているのか分からないということはよくあります。そこで重要なのが報連相です。報連相を行うことで、周囲の仕事内容が把握でき、逆に自分の仕事内容を知ってもらうこともできます。メンバーが何をやっていることが分かれば、その中での自分の立ち位置、自分のすべきことが見えてくるのです。

他人の目を加えることで効率が上がる

 一人で作業をしていると、知らないうちに無駄なことや目的から外れたことをしてしまいがちです。定期的に報連相を行うことで、様々な視点から自分の仕事を見つめることができます。それによって。ミスがありそうなら早めに指摘してもらえるし、効率化のためのアドバイスをもらえることもあるのです。

 
 報連相はチーム作業のためにも大切ですが、一人で作業することが多い人にも十分役に立ちます。特に新人のうちは報連相を徹底して、積極的にアドバイスをもらっていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する