1. 報告すればミスは防げる!効率よく伝えるために大切な報連相のルール

報告すればミスは防げる!効率よく伝えるために大切な報連相のルール

by BONGURI
 仕事に大切なのは報告・連絡・相談をまとめた「報連相」です。報連相をしっかりこなせば仕事でのミスもかなり減らせることができます。ここでは効率の良い報連相を行うために憶えておきたいルールを紹介します。

必ず結論から伝える

 仕事の結果を報告するときも、相談するときも必ず結論から述べましょう。「○○で悩んでいる」「○○は終わったが、○○は分からない」など報告の結論部分から伝えるようにします。良く作業の過程を一から説明したり、自分が躓いた背景から話す人がいますが、これでは結局何が言いたいのか分かりづらくなり、相手をいら立たせてしまします。

報告は決められた時間に必ず行う

 連絡や相談もこまめに行うことが大切ですが、特に報告は最低一日一回、必ず決められた時間に行いましょう。特にいうべき成果がなくても、時間になったら必ず報告します。そうすることで、作業についてのアドバイスがもらえたり、ミスにつながりそうな部分を事前に指摘してもらうことができます。予め上司と相談して報告のタイミングを決めておきましょう。


 いかがでしょうか。こまめな報連相は特に新入社員には有効です。仕事の流れや注意点を逐一修正してもらうことで、早く仕事が覚えられるからです。以上のルールを守って報連相を使いこなしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する