1. 報連相はチームワークの潤滑油!報連相とチームワークの関係性

報連相はチームワークの潤滑油!報連相とチームワークの関係性

by Rodrigo_Soldon
 コミュニケーションツールが発達している現在において、報連相の必要性が再確認されています。特に最近では、メールやLINEなどで上司に職務上の報告をするなど、報連相をアシストするツールが増えてきました。

 しかしそれゆえに意志疎通に齟齬が乗じたりする事態も少なくありません。メールだけではなく、電話や対面で報連相をすることが求められる場合がまだまだあります。今回は報連相とチームワークとの関係を考えます。

チームワークを乱さないために

 会社や職場でうまくやっていくことは、非常に重要なことです。その中での人間関係を良好に保ちトラブルを起こさないで過ごしたいものです。

 職場での人間関係を良好に保ち、チームワークを良くしていくことはなによりも会社の業績にも繋がり、自分の評価や報酬にプラスに働きます。そのために大切なことは、こまめに職場内でコミュニケーションをとることです。そのためのツールが報連相なのです。

報連相の難しさ

 報連相は業務上必要なことですが、時にはその重要度によって相談すべきか報告すべきか悩んでしまうこともあります。それを相談しなかったばかりに、あとでトラブルになることも十分にありえるのです。

 しかし実際には、あまりにも頻繁に報告や相談をすることは控えるべきだと言えます。なぜなら、上司の時間を使ってしまうことになると同時に自分も手間がかかり、通常業務に支障をきたす場合もあるからです。したがって、優先的に報告すべきことは何か、相談すべきことは何かを自分でしっかりと判断することが大切です。

仲間を知りチームワークを高める

 報連相をすべきかどうかに迷った時には、どういった相談をすれば同僚や上司がどういった反応を示すか分からないということが原因として挙げられます。「こんな相談をしても、あまりアドバイスはもらえないだろう」と最初からネガティブになったり、「あの人に相談してもいつも真剣に答えをくれない」など常にモチベーションが低い状態に陥っています。

 それは、仲間を信頼していないことと同義なのです。だからこそ、この報連相を通して仲間の反応を知り信頼を構築していくことが求められ、それをすることによってチームワークも格段に向上することでしょう。報連相を通してそれを職場の仲間たちが自分事として真剣に相談に乗っていけば次第にアイディアが沸き起こり会社の業務もスムーズに行えるようになるはずです。

 報連相は職務上重要な作業であると同時に、職場内のチームワークを醸成するのにも便利なツールです。チームワークは職場内の信頼を上げることと同じで、同僚や社員に助けを求め、それに真摯に対応することで同じ会社としての方向性を一にすることができるのです。それが、チームワークを向上させるための作業です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する