1. 実際どうなの!?「ノマド」的ライフスタイル2つの自由と1つの対価

実際どうなの!?「ノマド」的ライフスタイル2つの自由と1つの対価

by Digo_Souza
 一時期、「ノマド」という言葉が流行り「ノマドライフ」という本が大ヒットになったほどノマドという生き方が流行しました。ノマドという言葉は遊牧民のスタイルから来ており場所や時間にとらわれない働き方、生き方を指します。しかし実際はどのようなスタイルで働いているのでしょうか。

場所の自由

 ノマドは「自由な場所で働く」というワークスタイルが特徴的です。会社務めでオフィスに勤務するという人が大半の中、それとは違って毎日カフェや自宅などで作業を行います。場所に縛られないため、臨機応変に対応出来ますし、範囲は人それぞれですがどこにいても仕事を進めることが出来ます。

時間の自由

 時間の自由もノマドワークのメリットと言えます。決まった仕事時間がない為、プライベートの充実もスケジューリング次第で可能です。長期で旅をしたり、様々な場所を見て生活したいという人には向いているでしょう。

自由の対価

 ノマドは業務形態としては個人事業主という扱いになることが一般的です。個人事業主で苦労する点は自分で何もかもを決め、準備し実行していかなければならないことにあります。24時間のスケジューリングや一緒に仕事をしていく人とのやり取り、仕事をする場所に関しても毎日会社員として働いている人よりも意思決定を多くこなしていかなければなりません。また決めたことを分担することが出来ないので自分で細かい仕事まで全てを行う必要があります。


 「自由」には「責任」が伴います。ノマドと聞くと自由にのんびりと仕事をし、好きな仕事をして暮らしているイメージがあると思いますが、実際は会社につとめることにはないデメリットなども沢山あります。自分がどんな生活をしていきたいかということを考えてライフプランを立てていけると良いですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する