1. 【仕事の遅い人必見!】仕事の「遅い人」が「できる人」に変われる3つの対処方法

【仕事の遅い人必見!】仕事の「遅い人」が「できる人」に変われる3つの対処方法

by Konstantin Leonov
 仕事が遅いと、仕事ができないというレッテルを貼られやすくなってしまいます。仕事のスピードは遅いけれど、間違いはほとんど無いのだから評価してほしいという気持ちになることもあります。しかし、ビジネスにおいて、限られた時間の中で如何に早く、正確に業務を行うことができるかということが重要視されます。仕事が遅いというのは、それだけで、ほかのビジネスチャンスを逃してしまうことになりかねませんし、生産性の面からも効率的だとは言えないのです。仕事が遅い人が、簡単に実践できる対処方法について考えてみましょう。

1.集中して仕事に取り組む

 仕事が遅い人の多くに、注意力が散漫になりがちだということがあります。集中して行えない原因は何かを考えてみましょう。例えば、いつも仕事に使う道具などを探すために、集中力が途中で切れてしまうなどの場合には、身の回りの整理整頓が必要だということになります。

 あるいは、仕事自体が好きになれず、集中できないという人は、自分で仕事をする時間を決めて、時間内に終わらせられるかどうかなど少しゲーム感覚で取り組んでみるのも一つの方法です。

2.ミスをすることを怖がりすぎない

 仕事の内容によっては、100%完璧な状態で仕上げなければならないものもあります。とはいっても、人間最初から完璧にはできないものです。ざっと業務を行った後に、自分でもう一度再確認をするという方法に切り替えるだけでも、時間短縮につなげることができるかもしれません。または、業務によっては、8割ほどの出来で十分なものもあります。

 このあたりの業務ごとの力の入れ方を、うまく見極めて、区別しながら、仕事に取り組むことも大切になります。全ての業務に対して、ミスなく完璧にこなそうとすると、時間ばかりが掛かり、本当に重要な業務に手が回らなくなってしまうことがあります。

3.スピードアップのために改善できる部分を探す

 日ごろ何気なく行っている業務でも、無駄な作業や、もっと効率的に進められる方法があるかもしれません。そういったことを、毎日考えながら業務を進めることはとても大切です。そして、それらを改善していければ必ず仕事の効率が上がっていきます。


 毎日仕事をする上で、疑問を持つようにするだけでも、今まで見えなかったものが、見えてくることがあります。無駄な作業を1日1個でも探せれば、毎日の積み重ねで、やがては「仕事ができる人」という評価をしてもらえるようになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する