1. 初めてでも絶対成功する!「ブレインストーミング」を行う前に必要な3つの準備

初めてでも絶対成功する!「ブレインストーミング」を行う前に必要な3つの準備

by fukapon
 ブレインストーミングを効果的に進めるためには、しっかりとした準備が必要です。事前に万全の準備を整えておくことで参加者は積極的な発言ができるようになり、自由な発想から生まれた色々なアイデアが飛び交う活気あるブレインストーミングを開催することができるでしょう。

 ブレインストーミングの活性化のためには、どのような準備は必要なのでしょうか。今回は、ブレインストーミングの準備に必要なことを紹介します。

1. 参加者を集める

 参加者がいなければブレインストーミングを実行することはできません。まずはブレインストーミングに必要な参加者をそろえることから準備は始まります。ブレインストーミングは人数が多すぎても少なすぎても正しく機能しません。

 参加者が少なすぎるとアイデアの多様性を確保できず、活発な意見交換を通じてアイデアを練り上げていくこともできません。また、参加者が多すぎると全員が発言することができなくなってしまい、参加者の発想をフル活用することができなくなってしまいます。

 ブレインストーミングに最適な人数は6~10人程度といわれています。それ以上の人数が参加をしているときは、いくつかのグループに分けて人数を調整する必要があるでしょう。

2. 意識の共有

 ブレインストーミングの質を高めるためには、参加者の間でブレインストーミングの目的や方向性を共有しておかなくてはいけません。何のためにブレインストーミングを行うのか、どこに向かってブレインストーミングを進めていくのか、それに関する意識の共有ができていなければ、出されるアイデアも目的に外れたものばかりになってしまい、有益な結論を出すことができなくなってしまいます。

 あまり目的を強く押し付けてしまうと、参加者が無意識のうちに主催者の気に入るような形のアイデアを出してしまうことになるので、あくまでも意識は共有するレベルにとどめ、自由な発想を阻害しないように注意する必要があります。

3. 道具の用意

 ブレインストーミングにはあまり道具は必要ありません。一般的なブレインストーミングで必要な道具は、参加者の発言をメモするためのペンと紙、ホワイトボード位のものです。ブレインストーミングにアレンジを加えるのであれば、それぞれの種類に応じた道具を用意する必要があります。

 アイデアをメモする付箋やカードなどを利用すれば、一味違ったブレインストーミングにすることができます。ブレインストーミングの様子をカメラやビデオで撮影しておけば、どのような形でブレインストーミングが進行していたのかを記録することもできるでしょう。


 準備さえしっかりとしていれば、初めての参加者ばかりでもブレインストーミングを成功させることは難しくありません。アイデア発想を活性化する良い仕組みですから、積極的にブレインストーミングを導入していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する